アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:

【韓国留学】年金や国民保険など公的手続き

韓国留学をするにあたって、

国民年金や健康保険、住民税など…

公的手続きをしっかり済ませておく必要があります。

日本に住んでいるからには、

支払わなければいけない税金が

たくさんあるのです😢

自分の留学プランに合わせて、

上手に税金の手続きを済ませて、

損しないように留学へ行きたいですね。

今回は私の経験なども含めて、

公的手続きについてご紹介します。

支払わなければいけない税金

韓国に出発する前に一番悩んだのはこれです。

成人の日本人なら、

必ず支払わなければいけない税金があります。

  • 国民年金
  • 国民健康保険
  • 住民税

住民税とは 住民税は一般的に市町村民税と道府県民税の総称で、その地域に住んでいる人たちが負担する税金です。 住民税には前年の所得金額に応じて課税される「所得割」と所得金額に関わらず定額で課税される「均等割」を合算したものになります。

引用:会計どっとcom

留学やワーホリに行く際、

この税金を支払いながら行くのか、

猶予や免除してもらって行くのかを

考える必要があります。

もし払いながらとなると、

1年でだいたいこれぐらいかかってきます。

(およその計算です。健康保険料などは人によって変わってきます。)

・国民年金

16000円×12カ月192000円

・健康保険

16000円×12ヶ月=192000円

・住民税(前年の収入によって決まる)

1年で10万円前後

合計  1年で約48万円ほど!!

日本人がどれだけ多くの税金を払っているのか、

改めてびっくりしますね…。

これを支払いながら

留学やワーホリに行くとなると、

かなりの痛手になります。

長期で海外へ行く場合は、

免除や猶予が出来る方法があるので、

出発前に市役所に行って

きっちり手続きしておきましょう。

1年以上海外へ行く場合

1年以上の留学を予定の場合、

現在住んでいる市区町村役場

海外転出届を提出する必要があります。

(これを通常、「住民票を抜く」と表現します)

海外転出届出すと、

国民年金への加入義務がなくなり、

同時に国民健康保険からも外れます。

ということは、国民年金・健康保険の税金を

払う必要が無くなるということです。

1年以上海外へ行く場合は、この手続きをすれば、

無駄な税金を払わなくても良いので、

必ず手続きしておくべきだと思います。

ただ海外転出届を出すということは、

日本に住民票がないということなので、

日本での健康保険が無くなってしまう

ということです。

日本で病院へ行った際に、3割負担にならず

全額支払わなければいけない状態になります。

無保険の状態になるので、

もし海外転出届を出すならば、海外先で

健康保険に加入する必要があるでしょう。

とても悩みましたが、

私の場合はちょうど1年ほどの予定で、

何回か一時帰国する予定があったため、

海外転出届は出さないことにしました。

海外転出届を出さない場合

私の場合は、

海外転出届を出さない事を選びましたので、

それぞれの税金の手続きを行いました。

・国民年金

国民年金は猶予してもらうことができます。

市役所に猶予の申請を提出し、

その人の状況によって

どのような猶予が適用されるかが決まるそうです。

私の場合、職に就いていない間

年金を納める事をを猶予されました。

当然、定年後の年金給付がすこし減るようですが

年に20000円ほどとのことだったため、

こちらを選びました。

猶予後、払わなかった分を期間内に納めれば、

元の年金額が給付されるとのことです。

・国民健康保険

保険は父親の扶養に入れてもらいました。

扶養に入ると、

私が保険料を支払う必要がなくなります。

海外での保険は入っていません😱

エポスカードを持っていると

海外での怪我や病気の保険が自動付帯とのことで、

エポスカードを持っていきました♪

(後から気付きましたが、なんと、この保険は出国してから3ヶ月までしか適用されません。笑)

ほぼ無保険で暮らしていましたが、

幸い怪我も風邪もひかなかったので、

ラッキーでした((( ;゚Д゚)))

しかし、海外では何が起きるかわからないので、

もしもの時に備えて、保険に入っておくことが

安心して留学生活を送る

ということにも繋がりますので、

よくお考え下さい。

住民税

この、住民税に関しては

私も全く予想していませんでした。

すでに留学生活が始まってから、

住民税の請求が届き、

免除することも出来ずに支払う事となりました。

住民税は前年の収入によって決まります。

失業している場合であれば、

減額してもらえる場合もあるようなので、

1度市役所に相談することをお勧めします。

まとめ

私の場合はこんな感じでした。

  • 国民健康保険… 父親の扶養(韓国ではエポスカード)
  • 国民年金…1年間の猶予
  • 住民税…忘れていたころに家に請求が届くw支払う。

留学の期間に合わせて、

自分に合った方法を選び、

有意義な留学生活を送ってください〜😄

韓国留学ブログランキングに参加しています♪

クリック頂ければ嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。