平昌オリンピックの開催地、ソウルから日帰りで行けるカンヌン(江陵市)へ〈パート1〉

平昌オリンピックの開催地、ソウルから日帰りで行けるカンヌン(江陵市)へ〈パート1〉




カンヌンへ行ってみた

平昌オリンピックの平昌の隣にある都市、カンヌン(江陵市)へいってきました。

場所はソウルの反対側くらいになります。海を越えたら日本です☺

 

平昌オリンピックの、フィギュアスケート、スピードスケート、カーリング、アイスホッケー種目の競技開催地でもあります。タクシーの運転手のアジョッシが「新しいスケートリンクができたんだ」と嬉しそうに教えてくれました。笑

羽生くんもここで、滑るのかー!と少し感動してしまいました。

 

アクセスは? 

ソウルからのアクセスは
・ktx
・高速バス
・列車

になるようで、私が訪れたときはまだktxが開通していなかったため、高速バスを利用しました。

 

バスの料金

一般バス料金 14,600ウォン
優等バス料金 21,500ウォン

高速バスは、高速バスターミナルからでており、所要時間2時間30分ほどで江陵高速バスターミナル・江陵市外バスターミナルへ到着します。

私は予約がギリギリで、空席がなかったため、優等バスを利用しました。
インターネットで予約することが可能です。

 

このようにQRコードをかざすだけでよいので、とっても便利でしたよ。高速ターミナルでも直接買うことができます。

 

バスの中はというと、優等バスということで、期待していたのですが、コンセントやWi-Fi環境はありませんでした。
しかし、とても広い座席になっていて、リクライニング可能でゆったりと過ごせるバスでしたので、値段のわりには高評価です!

 

 

カンヌンバスターミナルへ到着

カンヌンは地下鉄などはないため、基本的にタクシー移動になるかと思います。なれている方はバスに乗ってみるのもありかもしれません。

 

私は日帰りカンヌンだったので時間有効活用のため、すべてタクシーで移動しました。

バスターミナルのすぐ近くに、タクシー乗り場もありタクシーが待機しています。

 

静かなカンヌンバスターミナル。。
続きはまた次に。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。