韓国留学

韓国アルバイト事情。給料は?待遇は?詳しくご紹介します。

私は韓国留学中3つのアルバイトを経験しました。

この記事では、実際に韓国で働いてみて、韓国のアルバイト事情(待遇や給料など)や、私の感じたこと、日本との違いなどについてまとめていきます。

 

留学の情報収集には留学くらべーるがおすすめです。資料請求は無料なので学校選びに活用してみてはいかがでしょうか。
HAPPY留学は、賢い情報収集から!
「留学くらべーる」で無料一括資料請求♪<留学くらべーる>

【韓国留学】おすすめの留学エージェント3選をご紹介 留学エージェントを通して留学を決めたら、数あるエージェントの中からどれを使うか決めなければいけません。 私も留学準備中にい...

 

アルバイトの見つけ方

コネストという日本語の韓国情報サイトがおすすめ

コネストのコネストコミュニティの生活・交流掲示板という掲示板で、アルバイトの求人を探すことができます。

飲食店から、日本語教師までいろいろな職種の募集があり、ほとんどが日本語の求人なので、使いやすいサイトです。

時給や、どの程度語学力が必要なのかも記載されているところが多く本当に便利です。

友達の紹介で、アルバイトの面接を受けてみたこともありました。

韓国のアルバイト事情はこんなかんじ

1.ラーメン屋さん

私が一番初めにアルバイトデビューしたお店は、とある学生街にある大人気で行列ができるラーメン屋さんです。(日系のラーメン屋)

こちらのお店はコネストで応募後、採用担当の韓国人の方からラインがきて、ラインでやり取りをしていました。

ラインで面接の日程が決まり履歴書を持ってくるよう言われました。その面接が本当にゆるかったんです。(笑)

 

面接場所はラーメン屋の近くのカフェを指定されました。

カフェに現れたのは黒マスクをしたチャラそうなお兄さん…!そんなこんなで面接の始まりです。

好きなコーヒー頼んでください!
なんで韓国に来たんですか?
うんうん、、、じゃあ明日からお願いします。

 

え!もう採用ですか、、、

30分くらいだらだら世間話をして…履歴書なんて全く見ません。
特に面接らしいことは何もなく、その場で採用が決まりました。

しかし!あっけなく決まったラーメン屋さんですが、出勤1日で辞めてしまいました…。

 

そのラーメン屋さんは従業員のほとんどが韓国人で、1人だけ日本人のおばさんがいました。そのおばさんが怖い!

バイトを始めた際、私の語学力は語学堂2級程度 だという事はあらかじめ伝えていました。

しかし、そのラーメン屋さんでは注文時に、ラーメンの麺の太さ、薬味の量、スープの濃さなどを、細かく確認しなくてはいけなかったのです。

当時の私には、とても難しいものでした…。

なかなか韓国語が伝わらず、もたもたしているとおばさんに怒られ、大きな声を出せと怒られます。

開始1時間で「ここは無理…」と思い その日限りで辞めてしまいました。

他の韓国人の従業員の方は親切でしたが、新人の教育は全てこの日本人おばさんに任せていました。
自身の語学力の足りなさと、スパルタ教育に耐え切れず、すぐに辞めてしまいました。
初めてのバイトがこれだったので、すごく落ち込みました

 

2.韓国食堂

こちらは友達に紹介してもらった韓国食堂です。業務内容はホール。

お客さんから注文をとって、レジ入力、キッチンに伝える、料理を運ぶというものです。

この時の私の語学力は語学堂3級程度。

基本的な業務用語は問題なかったのですが、店長とのコミュニケーションやお客さんになにか聞かれたときに困ることもありました。

学生街にあったため、お客さんは学生が多かったです。

韓国人の学生さんって本当にみんな優しかったんです

 

お会計で、間違えてカードを切ってしまうことが多々あったのですが、皆さん優しく大丈夫ですよって待ってくれるんです。韓国のレジ難しすぎたんです…

基本的に業務中でも携帯OKです。

お客さんに対しても日本ほどペコペコもしません。とにかくスピーディーな接客を心掛けている印象でした。

夜ごはんには、毎日まかないで好きなメニューを作ってくれましたので、お金のない私はとても助かっていました。

しかし!こちらのお店はシフトがありませんでした。
当日に「今日何時からお願い」とシフトの連絡がくるようになり、このやり方に納得出来ず、3カ月でやめることにしました。

また、タイムカードもなかったのでノートに出勤した日を手書きしていました。

そのため、正確さにかけており給料が正確に振り込まれないという事件もあり、店長と何度かもめたりもしました。

韓国ってやっぱり適当だなぁ…と改めて感じてしまいました。(笑)

 

3、日韓夫婦経営の日本食レストラン

最終的に落ち着き、長い間お世話になったのが日韓夫婦で経営されていた日本家庭料理のレストランでした。

とにかくシフト、給料の面でしっかりしているところで働きたいと思い、日本人の奥さんがいらっしゃるお店を選びました。

従業員は日本人と韓国人半々くらいで、従業員同士の会話は日本語で行っていました。

そのころあまり日本人の友達がいなかった私としては、唯一日本語を話せる、居心地の良い場所でした。

 

お客さんも親日の方が多く、つたない韓国語をゆっくり聞いてくれたり、日本についての質問をしてくださったり、韓国語を学びながら本当に良い環境で働くことができました。

結構インスタ映えのお店だったので、おしゃれな韓国女子がたくさんやってきてそれだけで楽しかったです♪

シフト、タイムカードも日本式でしっかりと管理されており、日本と変わりなく、安心して働くことができました。
まかないもあり美味しい日本食をいただいていました♪

給料はどれぐらいなのか?

気になる韓国の時給はこちら

  • ラーメン屋
    時給:6500W(650円)
  • 食堂
    時給:6500W
  • 日本食レストラン
    時給:7000W(700円)
    土日:8000W(800円)

 

日本に比べるとかなり低いです。これでも良いところを頑張って探しました(笑)

韓国のアルバイトは大体これぐらいが相場だと思います。また、基本的にアルバイトでは交通費はでないところがほとんどです。

 

語学力はどれぐらい必要か?

韓国語が全く分からない状態(ハングルも読めない、挨拶もわからない)では厳しいと思います。

が、大体の簡単な挨拶や単語などの理解があれば可能なのではないかと思います。

業務に必要な言葉は教えてもらえるので、やっていけないことはないです。

私は語学堂2級からアルバイトを始めました。

もちろん韓国人との会話は聞き取るのが難しいし、何を言ってるのか分からないこともありました。

でも、こういう時はこんな表現をするのか、とアルバイトをしながら学ぶことが多かったので、韓国語の向上にもつながったと思っています。

 

アルバイトに必要なもの

  • 仕事ができるVISA
    (就労VISA、ワーホリVISA、学生VISA等)
  • 外国人登録証
  • 韓国の銀行口座

また、食品を扱うアルバイトでは、保健所に行って検査が必要になります。

適当そうで、意外とこのあたりはきっちりしていました。(笑)

韓国で保健所に行って大腸菌の検査をしたり…不思議な体験でしたww

 

まとめ

アルバイトの決め手は目的!

目的①  どうしてもお金が必要

 とりあえず時給、早く働けるところ重視しましょう。

 

目的② 韓国語の習得

 韓国語を上達させたい!という気持ちが多いのであれば本当に韓国人しかいない職場でアルバイトするべきだと思います。

周りが韓国人だけという環境は、学校よりも韓国語の上達に適している場所かもしれません。

日本人としては、びっくりすることが多いかもしれませんが、韓国の文化を思いっきり体験することはできると思います。

 

目的③ 日本人のコミュニティを作りたい

 日本人と関わる機会が少ない方は、日本人のコミュニティを作ることができるバイト先を選ぶのも一つではないでしょうか。

日韓夫婦で韓国に嫁いで来られた方もたくさんおられたので、そのような状況におかれた場合、日本人が多い、日本的な職場が良いのかなと感じます。

なにごとも経験ですね!

 

韓国のアルバイトや留学ついての記事はこちらにも書いています♪

 

 

ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(韓国)へ 

ABOUT ME
みるきー
韓国がだいすきで韓国に住んでいました♡ 台湾人彼氏の影響で、最近台湾も気になっています。 韓国留学・韓国ワーホリ・旅行・お金・マイル・自由・マイペース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です