韓国生活

【韓国留学】海外に行って感じた日本の良いところや凄いところ!

 

約1年間、韓国で暮らしてみて、今までは当たり前で気づかなかった日本の良いところに、沢山気づく事ができました。

ずーっと日本に住んでいると、日本の便利性や凄さになかなか気づく事が出来ないのではないでしょうか。

今回は留学を終えて日本に帰ってきた私が改めて感じた、日本の良いところや凄いなぁと思った事を紹介します。

 

ゴミが落ちていない!

当たり前の事なのですが、道にゴミが落ちていない日本は凄いなぁと感じます。

逆に落ちていると気になってしまうくらいです。

一人一人がゴミはゴミ箱にというマナーを持っているからこそ、清潔で綺麗な環境を保てるんですね。単純なことですが、これが当たり前の日本は凄いなぁと改めて感じます。

韓国では、整備されている街ではゴミはなく綺麗なところも沢山ありましたが、やっぱりポイ捨ての意識としては、日本人との差を感じました。

また、家庭ゴミなどもゴミ専用ボックスなどはなく、道端にそのまま生ゴミを放置している所も多く、ハエがたかっていたり不衛生さを感じることも多かったです。

 

 

 

バスが安全安心

韓国のバスは、かなり運転が荒いです。急停車急発進は当たり前、お客さんが座るのを待つ事なく発車します。

まず、乗る時も来たタイミングでさっと乗り込まないとバスはすぐに行ってしまいます。

降りる際は、皆降りる停留所の1つ手前くらいから立ち上がって降りる準備をします。

降りる停留所が来たら、さっと降りなければ降りるタイミングを逃してしまいます。笑 

慣れてしまうと、スムーズに乗れて、目的地までも時間短縮出来て、とても便利なのですが、やはり危ないなぁという印象があります。何度か車とぶつかって、運転手が窓越しに言い合いをしている場面も目撃しました。

 

その反面、日本のバスは基本的ゆったりとしていて、お客さんが座るまで待ってくれたり、停車するまで立ち上がらないようにとアナウンスまであったりと、親切だなぁと感じます。

韓国のバスに慣れてしまうと、日本のバスは遅いなぁ…もっと早く!とも思うのですが😂

 

道路が整備されている

そういえば韓国にいるとき、よくつまづいていました。それは道路がガタガタで整備されてないところが多かったからです。

韓国ソウルは地形的にも坂道が多いということもありますが、道路のコンクリートやタイルがとれたままの道なんかも沢山ありました。

 

日本は毎日あらゆるところを工事して整備していますよね。税金の無駄使いとも言われていますが、やはり日本の道路はなめらかで、綺麗だと改めて感じました。

 

お店の人が親切

おもてなし精神の日本。どこにいってもお店の人は礼儀正しく親切ですよね。

コンビニでさえ、高いクオリティの接客で迎えてくれる時代です。逆に店員さんの態度が悪いと、すごく気になったり不快な気持ちになったりしますよね。

 

韓国では、店員さんもほとんどぺこぺこしません。

自分のやるべき仕事をこなすのみ、それ以上のサービスはありません。なので態度が悪いなぁと思うことも多々ありましたが、向こうにも悪気は無いようで、韓国では当たり前の事です。

久しぶりに日本に帰ってきて、コンビニでお茶を買っただけなのに、笑顔で「ありがとうございました!」と言われると、日本って素晴らしい国だなぁ!と改めて感じてしました😊

日本では当たり前ですが、世界では当たり前でない事は沢山ありますね。

 

 

コンビニ商品のクオリティ

日本のコンビニって本当に最高だと思いませんか??

お弁当も美味しい!スイーツも美味しい!パンも美味しい!なんならカフェやドーナツまであるんですよ🙃

 

韓国にもコンビニは沢山あって、日本みたいにお弁当、スイーツ、パンなど品揃えはあるのですが、やっぱりお弁当など日持ちしない物はクオリティが下がります。お昼ご飯をコンビニで買って済ませようという事はほとんどなかったです。

 

毎日コンビニでお昼ご飯を買っても飽きないくらいの品揃えとクオリティのある日本のコンビニは、世界に誇れると思います!

 

トイレが綺麗

今時、うわ!トイレ汚い!と感じることはほとんどありませんよね。

スーパー、駅、コンビニ、サービスエリアなど、どこのトイレに入っても、日本のトイレは綺麗です!必ずと言っていいほど、音姫と便座ウォッシュは付いていて、ウォッシュレットが付いているトイレが当たり前ですよね。

今まではなかなか感じませんでしたが、韓国から帰ってくると、いちいち清潔なトイレに感動していました。

 

韓国のトイレは、綺麗な所も増えてきていますが、やはりまだトイレットペーパーを流せない所が多いため、不衛生な感じがします。

流せるトイレにもかかわらず、流さずにトイレの個室にそのままポイしている所もありました。。まだトイレットペーパーを流すという概念が染み付いていないのでしょうか。

また、ウォッシュレットが付いているトイレはほっとんど見かけた事がありません。真冬でも冷たい便座に座らなければいけないのが地獄でした。

 

 

トイレはどこの国でも必要なものなのに、国によってこんなにもトイレに対する考え方が違い、設備も変わってくることがすごく不思議です!

 

まとめ

日本から出ないで、世界の国を知らないまま暮らしていると、気づけない事が沢山あるんだなぁと感じます。

少し海外旅行に出かけてみたり、他の国に行ってみると、日本との違いに気付いたり、当たり前のことが当たり前でない事に気づくことができます。

 

海外に出てみて、日本の良さに気づけると良く言いますが、私も日本の良いところに沢山気づき、日本人に生まれて良かったなぁと改めて思うことができました。😊

 

 

ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(韓国)へ 

ABOUT ME
みるきー
韓国がだいすきで韓国に住んでいました♡ 台湾人彼氏の影響で、最近台湾も気になっています。 韓国留学・韓国ワーホリ・旅行・お金・マイル・自由・マイペース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です